スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
旅行記③
3日目:日本一VS世界一

昨日の晩からの天気予報を見て、ずっと天気悪そうなので計画変更。
とりあえず、朝一番に起きて朝食前に世界一の場所へ。
ギネスにも登録されているその世界一とは!
世界一長いベンチ!
これはすごかった。
海岸沿いにずっとあるんやけど、もうむちゃくちゃ長い。
「全長460.9m、なんと約1350人も座れる木製のベンチで、ギネスブックにも掲載されている。」
とのこと。
うちの高校の全生徒が横並びに座れるってわけやな。
そして海を眺められる。
全国の修学旅行の先生方、ここを取り入れてみてはいかがでしょうか?
もうほんとに長すぎて向こう見えない!
なんか、途中で辺にくぼんで途切れたように見えるし、
上手く言えんけど、物理的に人が座れない場所とかあるんですよ。
知らん人が見たら、海岸沿いに打ち付けてある長い板やね。
写真も1枚しか撮らんかったし。
がっかり具合もギネス級。
その後は、朝食食べて黒部へ直行。
あ、通り道の「渚ドライブウェイ」ってとこを通りました。
あそこは気持ちよかったね。
みんなも行ってみ。
ここでは動画まで撮ったからね。
既に世界一を超えた。
下り坂という予報とは裏腹に、黒部に着く頃にはカンカン照りに。
思ったより早く着いて、意気揚々と上へ行こうとする我々の前に立ちはだかる壁。
恐怖の大魔神・観光地ならでは料金。
とりあえず、駐車場は危うく有料に誘導されそうにながらも、少しだけ離れた無料の方へ。
しかし、上へ行く乗り物の料金はどうやっても変えられない。
ちなみに、
①スタート→黒部ダム:バス(16分、2200円)
②黒部ダム→立山までの途中:ケーブルカー(5分、1260円)
③立山までの途中→途中の景色いいとこ:ロープウェイ(7分、1890円)
④景色いいとこ→立山てっぺん:バス(10分、3150円)
っていう料金体制。
④まで行ったら一人8500円とられるんですよ!
しかも、乗車時間38分!
姫路-大阪の新快速が58分で1450円。
貧乏意学生の俺らにとっては、もう高すぎ!
料金表を見ながらしばし唖然。
ここで、臨時国会。
①~④のどこまで行くか。
せっかく、ここまで来たから④まで行くか。
しかし、④に行ってそれだけの価値があるのか。
ダムだけでいいのでは。
いや、立山アルペンルートも散策してみたい。
もう、わあわあなってるとこへ、男女二人組が登場。
彼らもかなり協議をしている様子。
男「④まで行こうか~」
女「ちょっと!でも、めっちゃ高いよ!」
男「うおっ、ほんまや」
女「なぁ。②まででいいんじゃない?」
男「そうやなー、でもそれやったら①でもよくない?」
男女「だけど、せっかくやから④まで行きたいなぁ」
みんな悩みは一緒。
で、そこで神の一声。
男「でも、今からじゃ④まで行ってたら時間なくない?」
はっぅ!
彼らはそして①までの切符買って行った。
なるほどな~。
確かに時間なかったらしゃーないわな。(←ほんとは普通にまわれば間に合う)
けちってるんじゃなくて時間がない。
我々も苦渋の決断。
時間さえあれば上まで行ったのに。
悔しいぃ。
んで、気持ちよく②までの切符を買って出発。
途中、紅白で中島ゆみきが歌ってた場所を通りながらダムに到着。
圧巻。
ほんまこんなとこにようこんなん作ったねーって感じ。
この時期に気温11℃!
このダムから飛び降り自殺した人がいるかいないかを熱く討論しながらダムの上を歩きつつ、俺の「わざわざこんなとこまで来て自殺するやつおらん」って言う主張に対して、「阿蘇だってわざわざ噴火口まで行って自殺する人おるんやから、絶対おるわ~」という説得力ないのにあるような魔法のような理論で丸め込まれたとこでちょうど次の駅に到着。
これは実際乗らんでもよかった気がする。
これ乗るんやったら次のも乗らんと中途半端。
②まで行って、立山気分も味わおうっていう欲が裏目に出た。
でもまあ、乗れなかったロープウェイをバックに写真撮ったり、俺が「うわぁ、これ高山植物ちゃうん!撮っとこー!」「そんなんどこでも咲いてるやん。時期もちょっとずれてるなぁ。」っていう下界とダムぐらい温度差の感じられる会話を交わしながら下山。
ガイドブックに載ってた名物ソフトクリーム屋さんが行きは開いてたのに帰りは閉まってて食べそこねた腹いせに、お土産屋さんの試食コーナーで試食わしづかみ作戦とかを展開して帰路につく。
今日は白馬のホテル。小さめやけど、おしゃれで綺麗。
夕食はフレンチのコースやってんけど、隣のおっさん集団が料理のことでやたら盛り上がってる。
「まさかこんなとこでこんな料理食べるとは思わなんだな~」
「おっ、姉ちゃん!これ何料理や。いたりやん?ふれんちっちゅうやつか?」
「はぁ~箸ほしいなぁ」
「これはもう人生でないことやから写真撮っとこ」
あげくの果てには、ウェイトレスの人を入れて写真撮ってくれって、俺らに頼んでくる始末。
おっさん集団恐るべし。
帰り際に部屋の前通ったらドア全開で酒盛り。
宿泊者はその集団と俺らだけ。
おしゃれなホテルが混沌の世界と化していた。
何も知らずに予約したんやけど、お風呂が何と露天で味噌樽!
今までいろんな温泉入ったけど、これはすごいわ。
部屋に帰って、フロントで白馬限定人生ゲーム借りて来たら、寝てるし・・・。
これは一人ではできないゲームやからね。
一人で箱を開けてしばしながめながら、そっと閉めて人生ゲーム終了。
どうか俺の人生はこんな風になりませんように。

今日の1枚
味噌樽風呂

これが噂の味噌樽風呂。
味噌樽説明

とのこと。
味噌樽風呂としてはって・・・。
さらに、
「この味噌樽風呂は、七十年余り樽に染み込んだ味噌の麹菌が溶け出し、美白効果、疲労回復などの万能の効果を持ち、さらに備長炭や竹炭を入れ浄化作用や消炎作用も加わり、大変やわらかいお湯となっております。どうぞこの珍しいお湯と空間でおくつろぎ下さい」
って書いてありました。
何やらもうすっごい効果ありまくりってことやな。
ブッダとキリストとマホメットが合体したぐらいありがたそうやな。
ベンチにダムにフロと世界一やら日本一やらスケールの大きな1日でした。

スポンサーサイト
だらだら日記 | 22:22:40 | Trackback(0) | Comments(0)
旅行記②
2日目:さるぼーぼ・ぼーぼぼwith世界遺産

しおれたひまわりを出たあと、白川郷を目指す。
合掌造りのあれだ。
特に見たくもなく、連れも見たことがあったので飛ばしてもよかったのだが、”世界文化遺産”という肩書きにやられました。
あんなん、肩書きなかったらただのぼろい家やからね。
トヨタの社長も肩書きなかったら、ただのおっさんや。
途中に「この先、白川郷への道通行止め」という標識を見るも、たぶん大丈夫やろという意見の一致で先に進む。
こういう時に意見の一致する人間は貴重である。
むしろ貴重というか危険である。
無謀と勇気は違うのである。
そして、やっぱり通行止め。
迂回路が図示されていたので、迂回する。
普通の人なら。
が、我々は違う。
なぜ、通行止めなのか。
ここまで来て引き返えせとは何事か!(←先に警告されていた)
そんな、やり場のない怒りを、地図の下に書いてあった白川郷観光案内とか何とか言うところにぶつける。
「なんで、通行止めなんですか!」
「すいません。去年の台風のせいでまだ復旧してないんです」
台風なら仕方ないね。
自然の驚異を感じつつ引き返す。
怒ってごめんね、白川郷。
え?
去年?
世界遺産は半端じゃねえ。
悠久の時の流れ。
その後、「白川郷→」っていう看板とかナビとか自分の勘とかに翻弄されつつ、同じとこを2周したりしつつ、どうにか到着。
知らんかったんやけど、あれって普通に人が住んでるんやね。
めっちゃ観光客おったけど、住んでる人嫌じゃないんかなあ。
うちの界隈が世界遺産なってもたら嫌やなあ。
おしっこしながら、窓の外見たらパシャリみたいなんされて、母親がN○K(←一番見てる)の受信料断ってるところをパシャリとかされたら嫌やなあ。
で、まあ何を見ればいいのかもよくわからないままに、適当に合掌造りの家の前で何枚か写真撮って、どさくさまぎれに売ってあるさるぼぼとも一緒に撮って脱出。
ほとんどおらんかったね。
光の如く観ると書いて観光。
まさに観光しました。
その後は、今日の宿泊先の能登半島へ一直線。
宿名は「シーサイドヴィラ渤海」
いろいろ考えさせられる宿名である。
ナビの指示に従ってどんどん進んでいくと、シーサイドの名前とは裏腹にどんどん山の中へ。
そして、不安が絶頂に達したとき・・・
「目的地周辺です。案内を終了します。」
姥捨て山の話を思い出しました。
宿に電話しまくって、どうにかこうにか到着ですよ。
フロントの人曰く
「あ~、ナビの方は皆さんあちらに行かれるんですよね~」
はい、世界不思議発見!
白川郷よりこっちを世界遺産に登録したほうがいいのでは?
例の国に近いから何か怪電波が発されているのでしょうか。
偉大なる大将軍様電波とか、律動電波とか。
そんなわけで、とっくに過ぎた夕食時間の中、丁重におもてなしをしていただき、おまけに料理ゴージャスで感動しました。
部屋もお風呂も全部◎。
これこそ、ひまわり。

今日の一枚
白川郷標識

これね。
白川郷への道のりを不当に険しくしてるやつ。
一見、親切な標識でしょー。
でもね、下に赤字で「この先Y字路左へ」って書いてるでしょ。
これが、うまいこと隠れてて見えない。
で、ここもY字路になってるわけ。
だから、運転しててこの標識を見たら瞬間的にここを左に行ったらいいんやなーって思うねん。
が、これが罠。
わざわざ、挿絵まで入れたこの看板が罠。
右いって左が正解。
これはもうゲームの世界。
緑のきのこ食べて一機アップしてしまいそうな雰囲気。
で、見事正解の道行った先が通行止めやからね。
情けのかけらもないよ。
そういうのもひっくるめて世界文化遺産なんやろねぇ。

だらだら日記 | 22:08:32 | Trackback(0) | Comments(0)
旅行記①
1日目:出発withトラブル

昨日申し込んだレンタカーがやっぱり上手くいってなかった模様。
予定の10時になっても連絡がないので、別の会社で手配。
その直後、最初に申し込んだところから連絡が・・・。
キャンセル料が発生しそうなところを、逆にこっちが被害者ですよーっ!ほんと、もう迷惑やわぁ、困るわぁ!みたいな感じで押し切る。
で、そっから一緒に行くやつを迎えに行ったり、旅行の準備を始めたり、そんなんしてて出発は15時前。
ほんとは、関ヶ原観光して下呂温泉に泊まる予定でしたが、急遽移動に徹することに変更。
宿も、何たらかんたら温泉ひまわり(←旅行代理店の人も「何て読むんですかねぇ」)ってとこにめでたく変更&決定。
いくばくかの不安も抱えつつ、やや季節はずれのひまわりの明るいイメージに助けられ出発する。
レンタカーはSUZUKIのSwift。今年四月納車の新車!新しいナビ付き!
うっひょーってなりながら、どんどん高速飛ばす。
飛ばす飛ばす飛ばす。
車いっぱーい。
只今時速100km。
目の前にはしご。
高速って言えばはしごやわな。
はしご?
視覚からの情報入力により、俺のスーパー脳内コンピューターが直ちに処理開始。
前方にはしご→左レーンに変更→左に車有→スピード落としてから左レーンに移動→後方に車有→おまけ情報、前方にも車有→右側壁→はしがは斜めに横たわっておりまたぐの不可能→思い切って通過
これだけの判断を瞬時に行い、男らしくハイスピードではしごに突っ込む。
車の底からすさまじい衝撃音。
「うおっ、はしご、あれ避けれへんわ。無理無理。絶対、無理」
とか言いながら数km走ってすっかり忘れる。
これが後に恐怖体験を生むのである。
ま~、そのときはそんなことも露知らず、快適ドライブを続ける。
なぜか途中で持ってきたムースがまだ残ってるかを無性に確認したくなって、窓からちょっとだけ、ほんまに、ちょっとだけプシューってしたら、思いっきりあわわわってなって。後ろの窓が泡まみれ。それじゃなくても、時間ないのに次のパーキングエリアで洗う。
険悪なムード。
発見してんけど、窓について乾燥したムースって落ちへんよ。
今、世界中の人に伝えたい。
ノーモア・コウソクムース。
そんな、旅ならではの素敵な思い出をいきなり作りつつ、高速下りる。
はい、真っ暗。
電気一つ無い。
車も無い。
こんなところにひまわりがあるのか。
新種のひまわりなのか。
とにかく、宿を目指す。
と、ここで異音。
ブレーキ踏むと、「キキキーッ、ごぽごぼごぼぽぽぽぽぴゅらぶちゃ」
みたいな音がする。
最初は気のせいで片付けようとしたけど、やっぱり聞こえる。
怖くなったので、レンタカー屋に電話したらすっごいいい人で「今から姫路から代車持って行きます!」とか言うので、慌てて丁重にお断りする。
だって、いま岐阜県北部@21:00ですよ。
それに、別に機能に異常はないし。
何より、この車綺麗で気に入ってるしね。
とりあえず、何か異常あったらまた連絡することに。
宿を無事発見し(書きたいことは山ほどあるが、めんどくさいので割愛。ひまわりではなかったことだけは確か。)、食事をとる。
地元のものをと思い、高山ラーメンとか飛騨風お好み焼きを食す。
飯屋では「おぉ、あっさりしてるんやあ。あ、飛騨風って肉入ってない!なんか、感じ違うねえ」とか言いながら盛り上がった(振り)して食べる。
店を出て、思い切って言うた。
言いました。
「まずかったね・・・。」
「うん。」
・・・。
「ほんまは、言うたらあかん思って言わんかってんけど、おじさんラーメン作るとき、思いっきりふくろから出して作ってた。サービスエリアのと同じ味やったね。」
・・・・・。
旅行って、本当にいいものですね!

今日の一枚
まずかったごはん

左から、
サービスエリアラーメン、
ごはん、
肉無し悪い意味でのあっさりお好み焼き
です。
ごはんが一番おいしかった。
あ、ちゃうわ、ごはんについてた赤だしが一番。
赤だし>ごはん>水>>∞>>>その他。
ごちそうさまでした。

だらだら日記 | 22:55:26 | Trackback(0) | Comments(0)
今日はずっと地図と格闘
明日からの旅行の計画を今立てています。
恐らく1週間ぐらいになる予定ですか、まだ1つも宿の予約してない。
ほんと、いっつもギリギリ。
行き先だって今決めてるしね。
当初の予定が変更になること複数回、海外から始まって国内の北から南までいろんな案が出つつ、迷いつつ、決定しつつ、電話しつつ、してたら申し込み期限切れになっていました。
それで、仕方ないので今全て個人手配しているところです。
もう、国内は行きつくした(この旅行で行きつくす予定)ので、次回の長期休みには

ここまで書いて1時間くらい寝てた・・・。↓続き

日本の外に飛び出したい!
まー、で、只今19:15現在、何一つ進展してないわけですが。
ほんとやばいわ。



ピピ
ピピピ
ピピピピピピピ
きけんな状況、リアルタイムで進行中!
そんなわけで今日はここまで!
真剣20代、かなりや場!

今日の1枚
まずいコーラ

これね。
とにもかくにも不味い。
コーラとヤクルトの短所だけを抽出して合成した感じ。
とても一人で飲みきれない。
さらに二人でもやっぱり無理。
そして三人目を探す前に捨てる。
成仏してください。
南無。

だらだら日記 | 19:29:22 | Trackback(0) | Comments(0)
やっぱり
ほらなー。
だから、言うたのに。
みんなに(っていうても二人とか・・・)勧められて始めたこのブログ。
始める前から懸念していた問題がいきなり勃発。
(参考指数:いきなり度≒真珠湾奇襲)
ほんと、どうするん。
ほんと、MAXのトラ・トラ・トラとか思わず口ずさんでしまうわ。
あ~あ・・・。
書くことないよ・・・。
あえて書くなら「家でごろごろしてました。」
以上。
でもさ~昨日6日間の旅行から帰ってきたばっかりだから仕方ないよね。
とか、一応言い訳しておく。
もう、これ以上引っ張れないので、あとは勝手に書きます。
今日から恒例の24時間テレビが始まりました。
あの番組、何か腹立つんよなぁ。
ちょっと偽善ぽいような気がする。
偽にしろ真にしろ悪よりは善の方がいいのかもしれませんが。
毒密とかいう司会が悪の枢軸国やな。
あいつは駄目。
何が駄目かというと、全部駄目。
でも、あれで7億とか集まるんやからな。
たまには、もっと現実的な番組にして欲しいなあ。
もっと社会の現実をリアルに描き出したやつ。
テーマは「差別~福祉発展途上国・日本~」
”○○君、実社会での差別を体験を語る”とか
”見よ!外国人労働者の不当な扱い”
”金持ち老人と貧乏老人の今”
”子供から大人まで、みんなのモットーは金”
いっぱい出てくるなあ。
どっかの局が裏番組ですれば絶対そっち見るのに。
3チャンでも見るよ。
しかも、案外それの方が現実的な問題として伝わると思うんよねー。
あの番組の内容自体が差別のような気がする。
障害者だってやればできる!みたいなところが。
社会的弱者が少しでも助かる社会になればいいと思います。
自分もいろいろあったので・・・。(←うおっ、ちょっと重い)

今日の一枚。
四万十①

これは先日の旅行の写真です。
四万十川です。
ま~最後の清流とか威張ってるなりに綺麗でしたよ。
それで、川の真ん中にある無人島を目指して、大冒険中の写真です。
もう、ズボンを破れんばかりの勢いでたくしあげて頑張りました。
”もう少し!もうそこだ!頑張れ俺!耐えれズボン!”
とか自分とズボンに声援を送りつつ、歩みを進める俺。
そして・・・・
四万十②

こうなりました・・・・・・・・。
見れば、わかるね。
服ないね。
ちょっと知恵働かせて迂回したのが裏目に出た。
見た目浅いのにそこだけ深くなってた。
トラップ?
で、パンツの奥までびしょびしょになったってわけ。
トランクスって水着と似てるから、川辺というロケーションで撮ったならば、水着に見えるはず!
という想像虚しく、遠めに見てもパンツだね。
パンツ≒水着ではなく、パンツ≠水着という法則を発見した歴史的瞬間をおさめた一枚なわけです。


だらだら日記 | 19:46:07 | Trackback(0) | Comments(12)
初めてブログを書きますな
qp_tarako

あ~もうこんな時間か。
AM3:45。
記念すべきブログ1日目ですよ。
眠いから、もう寝ます。
おやすみなさい。

だらだら日記 | 03:47:04 | Trackback(0) | Comments(150)

FC2Ad