スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
歯が短い
歯医者に行きました。
レントゲン撮りました。
そしたら、奥の方で先生が、

「ちょっと小さい頃に大きい病気してないか聞いて。」

っていう声が聞こえてきた。
まさか自分のことじゃないよなあって思ってたら、
歯科衛生士の人が来て、

「小さい頃、大きい病気とかされました?」

って聞かれた・・・。
心拍数500。

俺「えっ!いやっ、べつに、無いと思いますけど・・・。」
歯「そうですか・・・。」

あー、死んだー、俺死んだーと思いました。

俺「あの・・・、何か異常でもあったんですか?」
歯「あのですね、歯が短いんですよ。根っこのとこが。」

他の人のと比べてみたら確かに短い。
歯根部?みたいなとこが他の人の半分~2/3くらいしかない。
先生によると、小学校5年生のときに、

①大きい病気をした
②ずっと歯をくいしばってた
③謎

のどれからしい。
結局、③じゃね?ってことになった。
歯が短いと、歯周病になったときにやばいらしい。
そういえば、歯茎にばい菌入って、
これはおかしいってことで、日赤に紹介されたことあるわ。
全歯茎が腫れるという未曾有の大惨事だった。
すごいドキドキしながら診察受けて、
日赤に先生曰く、

「ん~何かね。血液検査しときましょう。」

って血を抜かれた。
検査結果は後日ってことで、受付で会計してたら、
受付のお姉さんが、

「はまおかさんですか?血液検査の結果が出たので、すぐ診察室に戻って下さいとのことです。」

え!?結果後日じゃないん!!
早すぎだろ。
本気で死んだと思った。
走り書きしたメモみたいなやつ見ながら話してるし。
一体何が・・・。
超ドキドキしながら、診察室に戻ったら、
先生が真剣な眼差しで画面見てる。
おもむろに俺に手招き。
大して知らない血液疾患の名前が頭の中をグルグル回る。

先生「・・・・。えんしょう。」
俺「え?」
先生「ただの炎症じゃね。抗生物質2,3日飲んどいてください。」

あーいうドラマみたいな間はやめて欲しい。
いっそ大爆笑しながら検査データ眺めててくれた方がいいよ。

「ただの炎症で、これだけ腫れるって超ウケルね!!薬ドン!さらに倍ドン!はらたいらさんにニューキノロン!」

ぐらいの勢いで話して欲しい。
そして、薬飲んだら一気に治りました。
薬作ってる人まじ偉い。

スポンサーサイト
だらだら日記 | 20:31:46 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad