スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今冬のトレンドアイテムは烏帽子だ!
2日連続こたつで寝たから体が痛い。
お風呂に入ってリラックス。
またこたつで寝てしもた。
最近、ほんま眠いわ。
しかもウトウトじゃなくて、いきなりがくっと寝てるからなあ。
授業中とかも。
不眠症が軽快してきたんかも。
それやと嬉しいな。
薬減らそうかな。
って言うても、今1錠しか飲んでないから、錠剤割るしかないな。
今日は久しぶりに教授の授業。
「猫がキティでキャット」の教授。
授業の始めに、
「恥ずかしがらないでいいから手挙げて。この中でハンニバルとかローマとかそういう時代の武将がいたの知ってる人~?」
し~ん。
「何でもいいからそんなの知ってる人~?」
し~ん。
そもそも、出席率30%ぐらいやしなあ。
とにかく誰も手を挙げない。
ってか話聞いてない。
それでも、めげずに、そっから一時間その話をし続けた彼はすごいと思う。
さすが教授!
ひとり巨塔。
1時間そういう全然関係ない話を何言ってるかわからん口調で、グダグダ話して、で、やっと、
「はい、じゃあ、今から本題に入りましょうか。」
本題に入るまで1時間・・・。
授業プリントは大量にあるのに・・・。
これ絶対終わらせる気ないわ。
で、本題に入っても脱線しまくり。
もう、何話してんのか全然わからん。
前の方に座ってる、Oぷーから、
「何言ってるか全然分かりません。」
ってメールが到来。
それから、しばしメールチャットを楽しむ。
結局、午前中の授業で覚えてる発言は、
「股間で診断」
というフレーズだけです。
きっと、何かの聞き違いなんだろうけど、友達もそう聞こえたって言うてたので、先生の責任だと思います。
股間で診断・・・全く意味が分かりません。
泌尿器科の授業やったらまだしも。
公衆衛生学ですよ。
聞き間違えじゃないとしたら、股間で公衆の衛生状態が診断できるということなのか!
何かすごいぞ!
その世界では、”ドラグリマーの股間の法則”みたいなんがあるんかもしれん。
日本股間学会による、股間診断法とか。
そんな診断されたくないな~。
「あなたの股間は、ステージⅢ、JKS20です。」
とか言われたら、不安になるよ。
前の席の友達は、
「実家のハワイが・・・」
ってのが聞こえたらしいです。
あの先生の実家ハワイなん!?
ありえね~。
とにかく、ほんとに何言ってんのかわかんない。
途中でギャク(と推測される)も言うんだけど、何言ってるかわかんないから、自分しか笑ってない。もう、何言ってるかわからなすぎておもしろい。
肝心の授業内容はさっぱりです。
そして、午前の授業は終わっていったわけです。
先生のが前で好き勝手しゃべって、みんなは問題集解いてるだけ。
でも、あの先生好きやわ~。
いっつも笑顔やし。
負け惜しみすごい言うし。
全然医者っぽくないとこが新鮮。
午後の授業はダダ助教授のグチ授業。
とりあえず、最初にグチりまくって、風邪でしんどいからさっさと終わりますって言うて、さっさと終わった。
学校で、このブログを読んでくれてる仏の様なお方が、
「昨日のブログのタイトル(彼女のクリスマスプレゼント代金をどっちが払うかで揉めてるカップル発見)の内容が気になります。」
とおっしゃられていたので、書きます。
特におもしろくもないけど。
某店で、ブラブラとしてたら、財布売り場で何やらカップルが揉めている。
揉んでいるじゃありませんよ。
店員さんがすごい慌しく行ったり来たりしてる。
得意の気配消しで近づいて様子を伺う。
どうも、彼女が前にここで見た財布が店頭からなくなってて、それをバックヤードから取ってきてもらってるらしい。
「前にぃ、来たときはぁ、あったんですぅ。ええん。」
「○○くぅ~ん、どっちがいいかなぁ。」
その彼女が色・形・大きさなどを注文するたび、店員さんが笑顔で4種類ずつぐらい持ってきてる。
「ん~、何か違う気がするぅ。これぢゃなぁ~い。」
「あ、これの長い形のありましたよねぇ。」
「あ、やっぱり、さっきのやつの別の色見てみたぁい。」
「○○君も、そう思うよね!」
店員さんは、行く時は普通やけど、帰って来たら何かハアハアなってるので、たぶんバックヤード入った瞬間に猛ダッシュしてるんやろなあ。
かわいそうに。
で、彼女がなかなか納得しないご様子。
もう十分きしょさ満喫できたので、それから俺は別のとこをしばらくブラブラして、帰ろうと思ったら、そのカップル未だ健在!!
あれから40分は経ってますぜ。
相変わらず笑顔で頑張る店員さん。
あれ、表情筋固定術でも施工しとかな無理やぞ。
どうせ暇なので、再度近づいてみる。
あれから何回バックヤードから持ってきてもらったかは知らんけど、突然彼女が、目の前に陳列してある商品を指差して、
「あぁ~。あたし、いま、猫ちゃん(その財布の柄が猫)と目が合ったぁ~。きゃっきゃっ。これにしますぅ~。」
あれだけバックから持ってきてもらって、目の前にあった商品に決めるなんて・・・。
しかも軽く1時間は粘ってるぞ。
店員さんの笑顔が痛々しい。
で、会計でまたもめてる。
彼女が、
「ねえねえ、○○くぅん、これどっちが払うぅ?」
意味わかんねーーー!
さらに彼が、
「お前、クリスマス(プレゼント)ほんまそれでええんか?」
とか言ってんの。
もう、ええやんそれで!
15000円の財布でそんなにもめんでもええやん!
彼としてはもっと高価なものを買ってアピールしたいんか?
そんな女に!
それとも、女はこれは自分で買って、クリスマスは別のもっと高いの買ってもらおうとしとんのか?
俺のものさしでは計測不能。
あ、ちなみに、相当ストライクゾーンの広い俺でも、あの女はデッドボールやった。
壮絶死球。
で、最後に店員さんから受け取って、
「○○くんも欲しい~?でもあげなーい。」
すごいわ・・・。
そして、ここまで克明に記録した俺が一番きしょいわ。
スポンサーサイト


だらだら日記 | 05:51:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad