スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
旅行記⑥
6日目:天下分け目のテーマパーク

おはようございます。
うおっ。
何やこれ、この旅一番の清清しい朝!
昨日はうっそうとした不気味な森にしか見えんかったけど、
朝見ると爽やかでマイナスイオンでまくりって感じや。
昨日はぼろくそに言ってしまったけど、たまにはこういうとこもいいなあ。
朝ごはんは手作り感いっぱい。
量もほどよい。
部屋にあった、みんなの雑記帳に書いてあったおいしいと評判の手作りヨーグルトも出ました。
ほーこれか。
まずいわ。
普通にまずかった。
ま、味覚は人それぞれやから。
残すわけにもいかないので一気にかきこんだ。
丁寧なお見送りの後に目指すはサントリー白州工場!
全然行く予定じゃなかったけど、お勧めポイントらしく、
全国から見学者とか来てるらしいし、滅多にこれる場所でもないので急遽行くことに。
土曜日なので、見学予約いっぱいかなと思ったら早い者勝ちやった。
10時からなので、地の利を生かして一番乗りする。
見学権ゲット!
30分で天然水とウィスキーの工場見学して、30分で試飲会。
開始時間まで博物館を見学。
昔のCM集っていうのしてて、突っ込みどころ満載でみとれる。
そうこうしてたら開始のアナウンスがあって、集合場所に行くと人いっぱい!
やっぱり一番に来てよかった。
案内のお姉さんがすごいかわいい。
笑顔に悩殺されそうになった。
彼氏いいな~とか思う。
「何でも質問してくださいね!」
とか言うので、したい質問はいっぱいあったが自粛する。
あのお姉さんがサントリーの正社員か派遣かで議論勃発。
説明なんてそっちのけ。
俺の
「正社員の研修の一環としてやってる」
という意見に対して、
「研修生であのベテラン感は出せない。オーラが違う。よう見てみ。説明とか流れとかめっちゃ上手いで。ということは長い間やってるってこと。正社員がこんなことしてるわけないので、よって派遣。」何やこいつ、企業の人事部長か!?確かに上手いな、笑顔も上手いし。
でも、入社して数ヶ月したらこれぐらいなるんちゃうかなあ。
と、思ったら次の班の案内の人は結構おばさんやった。
やっぱり、派遣なのか。
でも、こんなんを毎日ずっとしてるんやったら退屈やろなあ。
もう、工場のことなんか全然考えてない。
工場見学じゃなくてお姉さん見学になってる。
でも、一応製造ラインとかウィスキー貯蔵倉庫とかでは感動した。
何でも、NASAの基準でレベル100か何かをクリアしてるぐらいすごい部屋らしい。
完全無菌で地下から直接ボトリング。
”何も足さない、何も引かない”
多少の有害物質とか土壌にいる菌とかは混入しそうやから、それぐらいは引いて欲しい。
”何も足さない、ちょっと引く”
の方がいいと思う。
どの施設も撮影禁止のマークがあったけど、戦場カメラマンとして数々の死線をくぐりぬけてきた俺としては我慢ならず、巧みな技を駆使してナイスショットを撮る。
途中で、いきなり大音量のブザーがなってガードマンが慌てて内線にかけたときは、
「ばれたー!人生終わったー!」
って思ったけど、違うかった。
臆病こそ生き残るのに必要な要素なのだ。
ゴルゴ13もそう言っている。
ゴルゴ13で思い出したけど、
この前、デューク○家が某百貨店に靴下とタンクトップ買いに来てたらしいんやけど、そこで店員さんに、
「僕、ウォーキングの先生してるんですよ~」
「あ、そうなんですか。」
って軽くあしらわれてたらしい。
頑張れデューク!
で、無事見学も終えて試飲会へ。
俺はドライバーなので服に赤いシール張られてお酒禁止って言われたので、天然水とかなっちゃんオレンジを飲む。
助手席のこの前レベル4になった人はウィスキーのジンジャエール割りを飲む。
これが悪夢againとなるのである。
ここでしか売ってないウィスキーとかいう謳い文句に踊らされて、1本1050円もするウィスキーをお土産に買って、工場を後にする。
駐車場いっぱいやった。
やっぱり人気なのね。
で、次に目指すは伝説のテーマパーク!
関ヶ原ウォーランド!
そもそも、今回なぜこっちに来たかというと、そこに行こうって話がきっかけなのだ。
とりあえず、すごいらしい。
日本の歴史の分かれ目となった天下の合戦が見事に再現されているらしい!
車の中で歴史談義に花が咲く。
そんな楽しい談笑の一瞬の隙をついて助手席のやつが眠りの世界へ旅立たれる。
「なんか、さっきのウィスキーで酔ったみたい。何か、宿の本読んでたらレベル上がるかもしれん。眠ぃむにゃむにゃむにゃ。」
ふ~ん。
ま、別にちょっとぐらいいいか。
「じゃあ、いす倒して寝たら?」
「うん」
で、一人でCDに合わせて叫ぶように熱唱しながら目的地へ向かう。
高速やからちょっと眠くなってきたな~。
だいぶ運転したし。
「なぁなぁ、ちょっとだけ運転代わって。」
「・・・・・。」
「なぁって。ちょっと。」
「ん?だjkろ9ああjf0あ3。うん、え。うん、ぃぃょ。」
なんか、今運転代わったら99%の確率で逝くと思ったので、気を取り直して頑張る。
よう考えたら飲酒運転なるしな。
代わりがいないと思ったら急に疲れてきた。
疲れより眠気がすごい。
歌いすぎて疲れてきたし。
パーキングエリアで独自に開発した目覚まし体操を何回かして、さらに運転。この、目覚まし体操はかなり効く。
教習所でも教えたほうがいいと思うぐらい効く。
唯一の弱点は誰もいないとこでするか、羞恥心を捨てなければならないということだ。
別に犯罪行為とかするわけじゃないけど。
文章で説明するのは難しいけど、簡単に言うと一人祭って感じかな。
一人でテンションを大幅に上げて、あたかもお神輿を一人でかついで、わっしょいわっしょいしてて、最後にそれを投げて世界新を出すって感じの踊り。
じゃなくて、体操。
これは効くよ。即効性がある。
でも、持続性はない。
だから、定期的に行わないといけない。
で、どうにか関ヶ原に到着。
インター下りた瞬間、助手席の人が覚醒する。
「ごめんな~。あ~あそこでウィスキーなんか飲んだばっかりに!ほんま、ウィスキーのせいやわあ。」
弓矢が飛んできて眉間に突き刺さればいいのにと思った。
インター下りたらすぐに出てきた。
これはすごい。
延々と”関ヶ原ウォーランド”の幟がたっている。
入場ゲートに着いてびっくり。
これでびっくりしない人は確実に心を病んでる。
まず、営業してるのかという疑問。
次に営業してたとして、営業してていいのかという疑問。
疑問で始まるテーマパークはやばい。
数々のしょぼテーマパークに行った経験がそう語る。
もう、中の様子はここに書ききれない!
まず、甲冑とかの博物館があるんやけど、はい廃墟。
で、メインの関ヶ原の合戦の再現は、はい荒地。
何か、野原のそこらじゅうに人形が立ってて名前とか勢力とかが書いてる。
でも、人形ぼろぼろでみんな同じ顔やし、草もぼうぼうやし。
よう見たら武田信玄とかおるし。
この人関ヶ原のときとっくに死んでるやん!
横の立て板に、
「我こそは武田信玄の亡霊じゃ!!もう争いはやめい!ノーモア関ヶ原合戦じゃ!」
って書いてある・・・。
ノーモア関ヶ原合戦とか意味わからんし・・・。
戦後武将が英語やし・・・。
客は自分たちを含めて6人。
この内容で6人はUSJの1000万人ぐらいに相当する。
観光地によくある、顔だけくりぬいてある人形の絵に顔入れて写真とってたら、6人の中の一人のおばはんに、
「兄ちゃん、二枚目にうつってたで!」
って耳元でささやかれる。
これもアトラクションの一つなのか。
ディズニーで言うと、ホーンテッド・マンションやな。
実際に亡霊もおるしな。
とにかく暑い中歩き回ること20分。
汗だくなって、なぜか出口にある書くと願い事が叶うという板に願い事を書いて出る。
ほんまに汗だく。
今日は名古屋の安いビジネスホテルにでも泊まろうかと思ったら、名古屋どころか周辺の宿泊施設まで全部いっぱい!
やっぱ土曜やからかな~とか思ってんけど、それでも異常。
で、旅行代理店の人に「愛知博がありますからねえ」と言われて納得。
ちなみに、その日の入場者は過去最高ってニュースでしてました。
仕方ないので、どうにか大津に空いてるホテルを見つけて渋滞してる1号線をえっちらおっちら進む。
途中で晩御飯食べて、ホテルに着いたのが8時くらい。
今まで泊まったホテルで一番狭い。
旅最後のホテルがこれか・・・。
でも、疲れてたから寝れました。

今日の一枚
関ヶ原1

↑徳川さんとのショット
これが東軍の大将なのだ!
なぜか、賽銭箱が・・・。
ありがたいのか?
確実に便乗やな。
そして、誰も乗ってこないよ。

関ヶ原2

↑見よ!この有様を!
これで入場料700円はいかがなものか!?
ほんとに関ヶ原の合戦がこんな感じなんやったらショック!
緊迫感なさすぎ。
甲冑コスプレの会の人たちがかくれんぼしてるぐらいにしか見えん。
帰って、父親にここの話したら、自分も行ったことあるって・・・。
親子二代で・・・。
ノーモア関ヶ原(ウォーランド)じゃ!
スポンサーサイト


だらだら日記 | 22:00:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad