スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
泌尿器科の始まり
今日から泌尿器科。
ずっと”秘”尿器科だと思ってた泌尿器科。
まぁ、ある意味”秘”だと思う。
午前中はカンファと画像診断。
ただ、ひたすらに眠い・・・。
画像診断なんかできる状態ではない。
むにゃむにゃ言いながら乗り切った。
午後は症例検討。
ま~これも眠い。
適当にやって終了。
それから、導尿と尿検査の講義。
導尿ってのは、尿ができない人(意識不明、尿閉とか)の尿道に管を入れて尿を出すってやつです。
想像しただけで痛い。
模型を使いながら説明してくれた。
指導してくれる先生が全く医学用を使わずに説明するので、俺は必死で笑いをこらえてた。

「陰茎を12時の方向に持ち上げて、そのまま保持し、外尿道口からカテーテルを入れます。」
↓変換
「ちんこをこうやって持ち上げるやろ~、で、真っ直ぐなるように引っ張ってこのション便するあなから、この管を入れるわけやな~。」

あかん、めっちゃおもろい。
俺の位置から他の3人の表情が読めぬ!
3人は笑っているのか、我慢してるのか、平静なのか。
分からぬ。
ほんま、噴出しそうになりながらずっとこらえてた。
ション便するあなって・・・。
導尿はオペのときとか何回も見てるけど、何度見ても痛そう。
大体、直径4~5mmの管を使うらしいんやけど、ないわ~。
やっぱり出すとこに、入れたらあかんと思う。
ちなみに、急性アルコール中毒になると絶対に導尿されます。
これからビールがおいしい季節。
後悔先に立たずです。
その後に尿検査の説明。
患者さんの尿使って実際に尿検査してみた。
尿に紙を浸して、色の変化見るだけ。
あれは誰でもできると思う。
途中で、先生に合コンの打ち合わせっぽい電話がかかってきてた。
その瞬間から、うちの班では”合コンの先生”という名前になりました。
本当の名前は知りません。
それから、今日は先日受けたB型肝炎ワクチンで抗体ができてるかチェックするための採血。
4人の中で俺の血管が一番採血しやすい。
腕を縛らなくても見えるぐらい。
なのに、今日は2回失敗された!
しかも、なぜか痛い!
慣れてきた頃が一番あかんなあ。
両腕使ったから、同じ腕で3回目。
そして成功。
これで抗体できてなかったらがっかりです。
俺は一発で成功!
1回ミスると焦るから、1回目が重要。
スポンサーサイト


だらだら日記 | 16:40:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad