スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
旅行記④
4日目:趣味の世界

今日はこの旅の大きな目的地である、キューピー工場へと赴く日である。
キューピーと言っても、マヨネーズの方ではないよ。
あの、世界で一番かわいい人形のやつね。
正式名称は「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」
別にキューピーを前面に押し出してるわけではないんやけど・・・。
でも、その前にも重要な立ち寄り地が。
劇団四季資料館!
今日はほんまにどっぷり趣味の世界。
あんまり詳しく書いたとこで、読み飛ばされそうなので軽く書きます。
朝食食べて、ほぼ開館と同時に資料館へ。
平日のこんな時間に客がいるはずもなく貸しきり状態。
こういうとこは大概写真撮影禁止なんやけど、どこ見ても書いてない。
劇場やったら携帯出しただけで、係員がすっ飛んで来るのに。
は~わざわざここまで来てくれたってことでOKなんやね。
そういうことで、撮りまくる。
ファンが見れば「きゃーっ!」、それ以外の人は「ナニコレ?」
っていう写真ばっかりです。
貸切なので、映像とこかもまん前の椅子に座ってどっぷり1時間見て、
チラシとかもたくさんももらって出る。
出るときに、切符売り場の上の注意書きがちらっと目に入って、
3つぐらい大きく何か書いてたんやけど、そのトップに赤字・下線入りで、
「写真撮影禁止!!」
って漢字六文字が書いてあった。
漢文かな?
白文やね。
多分、俺のへぼい漢文力で意訳すると、
「写真を撮影することを禁ずることは止める!!」
ってことやと思う。
二重否定みたいな感じで、むしろ撮影しろってことを強調したいんよ。
そんなこんなで、あとは伊香保へ向けてGO!
今日の晩はまだ宿を予約してなかったので、移動しながら電話かけまくる。
長野→群馬を東西に移動するので山だらけ。
だから、道もすごいのばっかりでてくる。
途中で「通行止め」って書いた看板の上に「やっぱ通行止めじゃないよ」みたいな張り紙がある道に遭遇。
先に来ていたおじさんも止まってそれを読んでる。
その、おじさんと話し合いの結果行けるんちゃうってことになって突き進む。
めちゃくちゃぐにゃぐにゃで上ったり下りたり、相変わらずブレーキ変な音するし。
一緒に突き進む約束したおじさんは裏切ってついてこうへんし。
そんな悪路に俺が果敢に挑んでいる中、横で緊急事態発生。
「やばい・・・レベル4や・・・」
説明しよう!
レベル0:絶好調!歌って踊れる20代!
レベル1:ちょっと、はしゃぎすぎ。落ち着こう。
レベル2:すいません、横にならせてもらっていいですか?
レベル3:ごめん、あんま話かけんといて・・・。
レベル4:いつ、やつが来てもおかしくない。。。
レベル5:ゲロリアン到来。
簡単に言えば、レベル5になると吐いてしまうのだ!
普段は絶対に乗り物酔いなどしないが、あまりのくねくね道+ずっと宿探しのために下向いて本を読んでいたのが敗因らしい。
とにかく、レベル4。
しかし、ここで、歩みを止めてしまっては我々の目指す桃源郷にたどり着けない!
助手席のレベル4の人もそれは承知で、青ざめた顔で
「だ、だいじょうぶぅ・・・。うん。止まらんでいいよ・・・」
隣でげぼ吐きそうになってる傷ついた戦友のその熱い言葉に「ほんま吐かんといてよ」と思いながら溢れ続ける涙をふきながら前に進む。
そして、どうにか悪い記憶ゾーンに深く刻みこまれた県道12号線をくぐりぬけ、渋滞とかにもまきこまれたり、また峠を越え越え、やっとのことで目的地に着く。
その頃には、助手席の人もレベル0ぐらいまでになっていた。
この、博物館は個人の収集家が建てたものらしいんやけど、とにかく量が半端じゃない。1台だけで数百万~千万しそうなクラシックカー、あげくのはてにはフェラーリ(本物!)まで展示されている。あとは、アンティークのおもちゃやら、駄菓子とか、昔の町並み再現とか、とにかく半端じゃない。
勿論、キューピーコレクションも半端じゃない。
神の領域。
ここだけのために今回の旅があったとしてもそれで十分である。
駄菓子屋だけでも懐かしさで死ねる。
とにかく、群馬に行くことのある人は是非行ってみてください。
キューピー工場でキューピー絵付けなるものをして、大量のキューピー(30体以上)と駄菓子を買って興奮さめやらぬ中、日本一素敵な博物館を後にする。
今日のお宿は伊香保温泉。
有名な温泉街というだけあってちょっぴりお高め。
着いたときは外観とフロントのおっちゃんにちょっとダメージ与えられたけど、部屋に入って感動。広いし眺めもいいし!エネルギー回復。
何より、ここは料理がすごかった!!!
お刺身、鍋、焼肉、天ぷら、松茸ご飯、角煮とか諸々。
これだけの料理が1度に出た!しかも部屋食!
最初はかなりテンション↑↑。それが次第に↑、→、↓・・・。
(なんか波動拳とか出そう・・・)
これ、多すぎるよ・・・。
しかも、部屋食で焼肉したせいで部屋中煙でモクモク。
冷房は寒いからわざわざ切ってるのに、料理持ってくるたびに仲居さんがつける。
途中から仲居さんと莫大な量の食事との戦い。
あれは体験した人じゃないとわからんわ。
とにかく、もう最後の方は食べさせ合いやから。
自分の取り皿をはしでガードしてないと相手に入れられる。
もう完全に楽しい食事からサバイバル食事やから。
どうにか食事終えて、自慢の展望風呂へ。
プロが選ぶ日本の宿100選って本がわざわざ部屋に置いてあって、案の定ここが掲載されてる。
でも、掲載基準がかなり不透明。っていうか完全に濁ってる。
もう、沈殿物ありそうなぐらいおかしい。
兵庫で有馬温泉とか城崎温泉が1つも入ってないところ見てもおかしいってすぐわかるし、
やたら○○グランドホテルってのが掲載されてる。
お金の匂いがプンプンする。こういう匂いには敏感ですよ。
でもまあ、自慢らしいので一応部屋のフロじゃなくて温泉へと。
平日とあって(土日は満室らしい)宿泊客が少なく、怖くてすぐ帰ってきました。
お風呂はよかったと思う。でも、怖かった。
今日は運転つかれたので、そのまま寝てしまいました。

今日の一枚
↓before
絵付けbefore

↓after
絵付けafter

向かって左が俺の作品。
温泉地らしく、浴衣にしようと思ったんやけど、
これは何?
頭はザビエルをイメージしてみた。
目はパンダやったらかわいいかなーって思って。
頭で歴史と知性を、顔でかわいさを、体で情緒を。
と、思ったんやけど、見事なまでに融合してない。
融合以前に浴衣なんか浴衣に見えない。
必死で書いた温泉マークがもうとどめの一撃になってるな。
世界水泳でこういう水着来た選手おらんかったっけ?
まぁ、隣のやつよりはかわいいよね。
どっちがかわいいかで相当もめたからね。
むこうは赤のふんどしがポイントらしい。
温泉マークVS赤いふんどし。
これ、いじればいじるほど変になるわ。
きゅーぴーさん奥深し!
スポンサーサイト


だらだら日記 | 22:11:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad